トップ > レシピ・調理例 > お弁当にもピッタリの甘酢味レシピをきわめてみたい!

お弁当にもピッタリの甘酢味レシピをきわめてみたい!

子供から大人まで、みんな大好きな味付けといえば、どんなものが思い浮かびますか?

砂糖醤油味。

カレー味。

しょうが醤油味。

などなど、いろいろあるかと思いますが、意外と忘れられがちなのが「甘酢味」ではないでしょうか(^^)


甘酢味って、とにかく子供が大好きな味ですよね。

よくお弁当用のミートボールなどでも、トマト味とてりやき味の2種類が売られていたりすることがありますが、あれってお店に並んでいる比率を見ると、トマト味:てりやき味=3:1くらいだったりするんです。

あのトマト味って、ちょっと酸味が強くてどちらかと言えば甘酢味にとっても近いんですよね。

お弁当のおかずにはご飯が進むような味付けのものが好まれますが、このトマト味のミートボールはベストマッチのおかずだと言えるのかもしれません。


甘酢のアレンジレシピとしては、ミートボールに始まり、唐揚げや魚料理、野菜炒めに天津飯などなど、和洋中問わず実にいろいろな料理に応用されています。


先日、甘酢味にするつもりはなかったのですが、気付けば甘酢味を再現していたということがありまして(笑)

玉ねぎ、ピーマン、にんじんを使って、鶏のもも肉と一緒に野菜炒めを作っていたんです。

いつもは塩味でパパッとまとめてしまうのですが、この日はなんとなく酸味が恋しくなり、塩を加えた後にお酢をふりかけてみました。

そうすると、あとは自然と冷蔵庫に手が伸び、そこからトマトケチャップと醤油を取り出して追加。

結果的に、完璧な甘酢味の野菜炒めが完成していました(^^)


この味付けは、やっぱり我が家の子供達も大好き。

ちょっと苦手なピーマンや人参も、トマトケチャップ味に酸味や甘味がさらにプラスされた複雑な味わいで、ポリポリと食べてくれました。

甘酢レシピを極めたいなあと思う私ですが、やっぱりこれから暑くなる夏にむけて、いろいろな料理に活用できますよね。

例えば、これから大活躍間違いなしのそうめんやひやむぎでも、茹でて冷たくした麺の上に甘酢あんがよく合うんだそうですよ。

たとえば、海老と玉子を炒めて甘酢で味付けした海老玉子の甘酢あんや、人参、たまねぎ、ピーマンなどの千切りを甘酢で味付けした野菜甘酢あんなどなど、そうめんアレンジレシピとしてもかなり使えるでしょう。


甘酢の割合としては、酢と醤油と砂糖を3:1:3で配合するというのが基本のようですが、ここで更にトマトケチャップを加えてみたり、出汁を加えたりして、甘酢自体をアレンジしてみるのも面白いですよね。


レシピ・調理例
食材宅配等の野菜、果物、肉類などを使ったレシピを紹介していきます。簡単に調理できるものを多く集めていますので、料理が苦手な方でも参考にしてみてくださいね♪

前の記事 | 次の記事

関連記事