トップ > らでぃっしゅぼーや > らでぃっしゅぼーやの赤土トマトは世界で一番甘いトマトかも!?

らでぃっしゅぼーやの赤土トマトは世界で一番甘いトマトかも!?

Radish Boya(らでぃっしゅぼーや)のお試しセットに入っていた、気になるトマト。

赤土育ちの高糖度マルトマトです。

このトマト、私の40年近い人生で食べてきたトマトの中で、一番甘いトマトでした。。。


その甘さと言ったら、、、目を閉じてトマトだと分からない状態で食べたとして、その味からトマトだと分からないかもしれません。

決して大げさではなく、トマトから酸味と青臭さというものをなくすと、こんなフルーツみたいな味になるんだな~、、、と感動したのでした。


断面は、この通り、嘘みたいな赤色(^^)


この、従来のトマトの赤とは違う赤い色には、驚くべき糖度の秘密が隠されているということなのでしょうか。


赤土育ちのトマトは、らでぃっしゅぼーやが力を入れておススメしている野菜のうちの1つのようですね。

「チカラある野菜シリーズ」の1つとして選ばれたというこのトマトは、別に特別な品種というわけではないみたいですよ。

元々、有機農産物や低農薬農産物に力を注いできたらでぃっしゅぼーやが、トマトについて徹底的に考察を重ねて、もっとも適した条件で育てたものだそうです。

以前どこかで、星や天体の動きに従って作物を育てると、その作物が持つ最高の力を引き出すことが出来るという話を聞いたことがありますが(実際にそういった方法によって栽培されているオーガニックハーブなどもあるようです)、この赤土トマトにはそれと似たような原理を感じますね。


実際に食べてみて一目瞭然。

このトマトの美味しさは、それなりのこだわりがあって当然のものだと納得してしまうものですよ。


トマトは加熱した方が栄養価の吸収率が高まると言われているので、お試しセットにトマトが入っていたのを見たときには、
「1つは生で食べて、あとはトマトソースにでもしてみようかな」
と思ってたんです。

ところが1つ食べてみてその甘さに感激し、トマトソースにしてしまうなんてもったいなさすぎて・・・(笑)


野菜って、別に特別な品種じゃなくても、栽培方法だけでここまで美味しくなるんだということを教えてくれるトマトです。

宮崎県で作られているトマトだそうですが、このトマトの旬はまさに3月~4月のこの時期なんだそうです。


この時期にちょうどらでぃっしゅぼーやのお試しセットを注文して、本当によかった(涙)


まさに感動のトマト。

このトマトの味を知ってしまったら、もう他のトマトは食べられなくなってしまうほどのものかもしれません。


らでぃっしゅぼーや
美味しい無農薬・有機野菜に強いのがらでぃっしゅぼーやです。有機野菜本来の味を楽しみたいオーガニック嗜好の方から絶大な人気を誇っています。珍しい野菜も楽しめる「ぱれっと」や産地限定野菜も人気です。らでぃっしゅぼーやの食材はトレーサビリティーが厳格なので、安心・安全を求める方にぴったりです。

前の記事 | 次の記事

関連記事