トップ > らでぃっしゅぼーや > らでぃっしゅぼーやの新たまねぎの甘さに...感動!

らでぃっしゅぼーやの新たまねぎの甘さに...感動!

毎年この時期になると、新たまねぎや新じゃが、そして春キャベツなどの春野菜をたくさん食べたくなります。

今は一年を通して食べられる野菜も多くなっていますが、新たまねぎや春キャベツなどは今しか食べられない貴重な野菜。

そのやわらかさや甘み、みずみずしさなどは、本当に今しか味わえないんですよね。

これらの野菜が旬の状態で出回るのは、期間にして一ヶ月程度でしょうか。

この間に、毎日の食卓にガンガン出していきたいと考えている私です!(笑)


先日注文した、らでぃっしゅぼーやのお試しセットに嬉しいことに新玉ねぎが入っていました。
ちゃんと無農薬だって表示されていますね。


新玉ねぎが普通の玉ねぎと違うところは、その水分量!

普通の玉ねぎが、その中に含まれている水分を保管するためにある一定期間貯蔵されたものであるのに対して、この時期に収穫される新玉ねぎは水分量が多すぎるために痛みやすく貯蔵にむいていないんだそうです。

新玉ねぎの皮は白く、中の状態も真っ白です。

この新玉ねぎをスライスにして水にさらします。


水にさらす前に生で試食してみましたが、らでぃっしゅぼーやの新たまねぎは辛みがほとんどありませんね。

そしてとっても甘い!

そのままでも十分サラダなどでいけそうな気もしましたが、一応2歳の息子も食べるということで念のために水にさらしてみました。



しっかりと水切りしたものに、ツナ、ポン酢をかけていただきます。

いやあ、驚くほどのみずみずしさと甘さで、まるで新種のたまねぎを食べていると言っても納得してしまう程のレベルです・・・

新たまねぎってここまで甘かったっけ!?

とにかくシャキシャキと噛むほどに、水分が飛び散るほどの(決して大げさではなく)みずみずしさ。

文学的な(?)表現をすれば、まるで水のたまねぎを食べているかのような感覚とでも言いましょうか。

そして、水にさらしたことが更によかったのか、玉ねぎの辛味成分をまったく感じませんでした。

さすがに生の新たまねぎを1玉まるまる食べてしまった翌日は、口臭がちょっと気になるレベルではありましたが、それでも食べている途中で玉ねぎ特有のあの辛さを感じることはありませんでした。


どうやらこの新タマネギ、らでぃっしゅぼーやのホームページによると火を通した方が甘みが増すとのことですが・・・

生でこれだけ甘いのに加熱調理すると、一体どうなっちゃうんだろう?というのが正直な感想です。


普段は生の玉ねぎなんて絶対に食べてくれない我が家の子供達も、「からい~」なんて一言も言わずに全部食べてくれました☆

食べづらかったときのことを考えてマヨネーズも用意してましたが、マヨネーズなしでも十分にいけるほどの食べやすさでしたよ。

らでぃっしゅぼーや
美味しい無農薬・有機野菜に強いのがらでぃっしゅぼーやです。有機野菜本来の味を楽しみたいオーガニック嗜好の方から絶大な人気を誇っています。珍しい野菜も楽しめる「ぱれっと」や産地限定野菜も人気です。らでぃっしゅぼーやの食材はトレーサビリティーが厳格なので、安心・安全を求める方にぴったりです。

前の記事 | 次の記事

関連記事