トップ > レシピ・調理例 > おいもほりでゲットしたサツマイモ☆ 大学いもにしてみました

おいもほりでゲットしたサツマイモ☆ 大学いもにしてみました

おいもほりのシーズンですね(^^)

近所の畑などでも、幼稚園や保育園の行事でお芋掘りをしている光景をよく見かけるようになりました。

私も子供の頃、おいも掘り大好きだったんです(^^)

無我夢中で土を掘り、気がつけばいつの間にか帰る時間・・・

あーもっと掘りたい!と思いながら後ろ髪をひかれる思いで畑を後にした記憶があります(笑)


先日、我が家の長男も幼稚園の行事でおいも掘りに行ってきました。

幼稚園の近くに個人で経営されている大きな畑があり、そこの1画を毎年幼稚園のために開放してくれているのです。

私も一度、地域のイベントで参加したことがありますが、30センチクラスの巨大なさつまいももゴロゴロ埋まっているんですよね。

幼稚園のお芋掘りでは、どんなにたくさんのおいもをゲットしても、またほとんどおいもがゲットできなかったとしても、最終的には一人に3~4本の大小混合のサツマイモを持たせて帰らせてくれます。


今回も大きなサツマイモ1本と、中くらいの1本、そしてちびっこいのを1本、合計で3本も持ち帰ってきてくれた息子。

焼き芋にしようか、スイートポテトにしようか、はたまたサツマイモケーキにしようかといろいろ悩みましたが、その日の気分で大学いもにすることに☆

とれたて新鮮なさつまいもを乱切りにして、油で揚げます。


本当は皮付きのまま使いたかったのですが、泥をきれいに落としきることができなくて断念・・・

揚げたてのサツマイモはそれだけで立派なおやつです♪

頭の中では蜂蜜を和えて食べるイメージがあったのですが、蜂蜜の隣に楓の樹液(メープルシロップ^^)もあるのを発見。

もしかしたらメープルシロップでもいける?

でもメープルシロップってサラサラしているので、意外にお芋には絡まないのかも...?

でも甘すぎる蜂蜜より少し苦味がきいたメープルシロップの方が合うんじゃないかな。

などなど、悩むこと数分。


今回は、メープルシロップとハチミツをミックスしてみることにしました!

テリテリの大学いもがあっという間に完成(^^)


これで黒ゴマでかければもっと雰囲気が出たかなあ?


ちなみに塩をひとつまみだけ加えると、甘いだけでなく味のしまった大学いもになりますよ。


実は私、サツマイモ大好きではありますが煮物やお味噌汁などのおかずになっているサツマイモはあんまり好きじゃないんです(汗)

サツマイモの甘さはおかずではなくおやつに生かすべき!がモットーですので、今回天ぷらにしておかずにしてみたなんていうママ友の話には賛同できません(笑)


ちなみに、家で美味しくい焼き芋を作る方法ってあるのかなあ?

残ったお芋はぜひ焼き芋にして食べてみたいと、ひそかに企んでいるたくらんでいる私です。

レシピ・調理例
食材宅配等の野菜、果物、肉類などを使ったレシピを紹介していきます。簡単に調理できるものを多く集めていますので、料理が苦手な方でも参考にしてみてくださいね♪

前の記事 | 次の記事

関連記事