トップ > 食材まめちしき > 今年ラストの冷やし中華? 次はパスタを重曹水で茹でて出来る麺にトライしてみたいな

今年ラストの冷やし中華? 次はパスタを重曹水で茹でて出来る麺にトライしてみたいな

なんだかめっきりと涼しくなったここ数日・・・

夏休みが終わった途端、まるで秋のような気配で少し戸惑ってしまいます(汗)

小雨もパラつき、こんなときに体調を崩しやすくなるので注意が必要ですね。


天候とは裏腹に、まだまだ夏気分真っ盛りな我が家では先日の夕飯に冷やし中華を用意しました。

大好きな冷やし中華売り場、、、さすがに夏真っ盛りの7月~8月中旬に比べて売り場面積はかなり縮小されてしまいました。

家族全員で冷やし中華が大好きな我が家にとっては、なんだか淋しい瞬間です。

冷やし中華って、夏場以外は売っていないお店もあったりするんですよね。

大きなスーパーでもほんのちょっとしか置いてないときもあるし、なんだか別に冷やし中華って年中食べてもいいのに~って思うんですけどね(^^;)


我が家の冷やし中華は、かなりざっくりとした冷やし中華なので(?)たまごは薄焼き玉子を千切りなどにせずに、炒り玉子にさせていただいております(・_・;)

うちの子供たちは、冷やし中華のたまごはスクランブルエッグだと思い込んで大人になるんだろうな~・・・

あとはキュウリとトマトを適当に切ったものをドサッとのっけて、とにかくボリュームたっぷりの冷やし中華です!


もしかしたら、これが今年の夏ラストの冷やし中華になっちゃうかもな~(涙)


先日、テレビで紹介されていた裏技に、スパゲッティの麺を茹でるときにお湯に重曹を入れるとまるでラーメンのようになるというものがありました。

実際にその湯で上がったパスタを食べた有吉さんの感想が「うまい店で食べるラーメンの麺だ」とおっしゃっていたので、本当なんだと思います。

これは意外ですよね~(^^)


お湯に重曹を入れることで、ラーメンの麺をつくるときに使う「かん水」の役目を果たすことでパスタがまるでラーメンの麺になるのだとか。

これは一度やってみなければ!です。

おうちで簡単に本格的なラーメンの麺が作れるんですものね。

細めのスパゲッティを使えば、冷やし中華用の麺だってできちゃいそうですよね♪


ちなみにおうちでラーメンスープを作るのって、大変な作業ですよね。

鶏ガラ、豚骨などの下処理などから本格的に始める人もいるようですが(以前、会社の上司が趣味はラーメンスープ作りだと言っていましたが・・・)、それってかなりの時間と費用が必要です。

男性の休日のこだわり趣味としてはいいかもしれませんが、主婦にとっては・・・ですよね(笑)

おうちで簡単にできるラーメンスープとしては、クックパッドなどでもレシピがたくさん紹介されていますよね。

基本的には鶏がらスープの素と和風だしの基を組み合わせて、Wスープの要素を出す方法が多いようです。

あとは、みりんやしょうゆ、味噌などを加えればより複雑な味にすることもできるそう。


本格的な麺を簡単におうちで作れるのなら、スープも手作りしておうちでラーメン屋さんしてみるのもいいかも☆

食材まめちしき
食材に関する豆知識です。野菜、果物、肉類、海産物など。スーパーや食材宅配のチラシでは良く見るけれど、実はあまり良く知らなかった食品も。

前の記事 | 次の記事

関連記事