トップ > レシピ・調理例 > グラタンでもコロッケでもOKの牡蠣のホワイトクリームソース

グラタンでもコロッケでもOKの牡蠣のホワイトクリームソース

11月は牡蠣の季節。ちょっと贅沢に牡蠣を使ったクリームソースを作ってみました。
カキフライや牡蠣鍋もいいですが、たまにはこてこての洋食っぽくするのも美味しいかと思って(笑)
このソースに好みの具材を足して、パン粉をかけて焼けば牡蠣グラタンに、小麦粉を加えてしっかり成形すれば牡蠣クリームコロッケにもなる優れもの。

生牡蠣を家で食べるのは食中毒が恐ろしいですが、きちんと加熱したメニューであれば、食中毒の心配もかなり少なくなりますので、この季節ならではの、「海のミルク」牡蠣を味わってみてくださいね。
なお、ホワイトクリームソースに使用する牡蠣はスーパーで売っているようなボイルの牡蠣で十分美味しくいただけると思います。
お取り寄せ系の高級な生牡蠣は、生で食べたり焼いて食べたりする用にとっておきましょう^^

ちなみに英語での月の名前に"er"が入る時期は牡蠣が美味しいと言われています。つまりSeptemberからFebruary
、ちょうど今が旬なの覚えておきましょう。

牡蠣のホワイトクリームソース

a.ボイル牡蠣 200g
白ワイン 大さじ4

b.小麦粉 60g
タマネギ 1個
バター 30g
牛乳 100cc
塩こしょう 適量

作り方
①牡蠣は水で洗って水気をきってから、白ワインを振りかけておく
②タマネギをスライスする。
③小鍋にバターを熱して、②のタマネギを弱火で炒める。
④タマネギがしんなりしたら、小麦粉を振り入れるようにして加え、タマネギと小麦粉がよく馴染むように手早く混ぜる。
⑤タマネギの周りに小麦粉がよく絡んだら、牛乳を加え、少しトロッとするまで加熱しながら混ぜる。
⑥⑤のソースに①の牡蠣を加えて、塩こしょうで味を整えて完成。

と、ここまでが牡蠣入りホワイトソース。

ここから牡蠣グラタンにするには、茹でたじゃがいもやきのこなど、好みの野菜を加えて、パン粉を振りかけオーブン焼き色を漬ければ完成。
粉チーズやタバスコがよく合います。

牡蠣クリームコロッケの場合、ソース状態では成形できないので、更に弱火でソースがもったりするまで熱します。
あとは普通のコロッケの容量で丸めて、その中に牡蠣を1〜2粒入れ、小麦粉・溶き卵・パン粉の順にまぶして、挙げればコロッケです。
こちらも、クリームを成形する際にとろけるチーズを練り込むとさらに贅沢に...。

牡蠣だからといってオイスターソースをかけると中華風になってしまうので、中濃ソースやタルタルソースがオススメです。

レシピ・調理例
食材宅配等の野菜、果物、肉類などを使ったレシピを紹介していきます。簡単に調理できるものを多く集めていますので、料理が苦手な方でも参考にしてみてくださいね♪

前の記事 | 次の記事

関連記事