トップ > レシピ・調理例 > ズッキーニとカラフルトマトのパスタ(熱々&冷製)

ズッキーニとカラフルトマトのパスタ(熱々&冷製)

夏もそろそろ終わりですね。
今日は、ズッキーニと黄色と赤のミニトマトのカラフルパスタを作りました。
冷製パスタにする予定でしたが、夕方のゲリラ豪雨後気温が下がったので、オリーブオイルとア
ンチョビをたっぷりいれた熱々のパスタになってしまいました。

ではでは作り方です(材料は二人分)

材料
・パスタ 200g
・オリーブオイル 大さじ2
・ニンニク 1欠片
・ズッキーニ 1本
・ミニトマト 赤/黄 各5個
・タマネギ(小) 1個
・アンチョビ 2〜3切れ(+オイル)
・コンソメキューブ 1個
・塩こしょう 適量
・パセリ 適量

作り方
①ニンニクはスライス、タマネギは薄切り、アンチョビは3ミリ程度の薄切り、ミニトマトは4分の1くらいの大きさに切っておきます。
②パスタを多めのお湯で茹でておきます。
③パスタを茹でている間に、フライパンにオリーブオイルを注ぎ、スライスにんにくを香りが出るまで炒めます。
④ニンニクの香りが出たら、野菜すべてとアンチョビを加え、塩こしょうをした後、野菜に火が通るまで中火で炒めます。
⑤パスタの茹で汁もしくはお湯大さじ2でコンソメキューブを溶かし、フライパンへ。
⑥全体に味が回ったら、パスタを加えてオイルと野菜、パスタを絡めるようにざっくりと混ぜながら火を通せば完成です^^最後にパセリを散らしましょう。

ちなみに、当初計画していた冷製パスタの作り方もオマケで書いておきますね。
冷製パスタの場合は、普通のオリーブオイルよりも、バージンオイルなどの上質なものを使いましょう。
上記の作り方とほとんど同じですが、茹で上がったパスタは全体にバージンオリーブオイルを絡めて、冷ましておきます。
その間にトマト以外の野菜を炒め、アンチョビの代わりに「角切りにしたアボカド」、コンソメキューブの代わりに「顆粒のコンソメ」を加えて、フライパンではなくボウルでざっくりと混ぜましょう。
ポイントはこのアボカド。冷製パスタを作る時にすごく重宝するんですよ。
なぜ突然アボカドが出てきたかというと、実は混ぜる時にほろほろと崩れて麺全体に味を均等になじませる役割をしてくれるんです。
オリーブオイルを多めに入れて味をなじませてもいいのですが、あまり油を使いすぎるとべたっとした食感になってしまいます。
アボカドも、「森のバター」と言われるほど脂肪分は多いですが、油っぽさがなく、冷たくても美味しいのがメリット。
それからトマトも火を通さず、冷やしておいて最後に添えましょう。

冷製にすると、冷たくサラダ感覚でいただけるので、まだまだ暑い残暑を乗り越えるのに一役買ってくれそう。
また、バージンオリーブオイルを使用すれば、一度炒めた野菜がさめた後でも油っこくなく、さっぱり食べることができます。

レシピ・調理例
食材宅配等の野菜、果物、肉類などを使ったレシピを紹介していきます。簡単に調理できるものを多く集めていますので、料理が苦手な方でも参考にしてみてくださいね♪

前の記事 | 次の記事

関連記事