トップ > レシピ・調理例 > トルコの野菜料理 フムスとビベルドルマス

トルコの野菜料理 フムスとビベルドルマス

2018年の夏のオリンピックの開催候補地として東京と争いあっているトルコ、イスタンブール。
先日の猪瀬東京都知事の失言により、「イスタンブールで決定だな...」という空気も漂いはじめましたが、政治的な問題は抜きにしてトルコの料理は野菜タップリてとてもヘルシーなんです。
日本人にも受け入れやすい味ですし、特別なスパイスがなくても比較的簡単につくれてしまいます。

今回は簡単に作れる野菜料理を2つご紹介しますね。

●ひよこ豆のペースト 「フムス」

トルコだけでなく中東~地中海全域で食べられている前菜の一つです。
パンと一緒にどうぞ。

=材料=
ひよこ豆(ガルバンゾー)の水煮缶 1缶...水をよくきる
にんにく 半分...すり下ろす
ミックスマサラ 小さじ1
塩こしょう 適宜
プレーンヨーグルト...50g

<作り方>
これらをすべてフードプロセッサーに入れ、とろとろのペースト状するだけです。
とても簡単。
ハンディフードプロセッサーがあるとよいのですが、ない場合は従来のポット型でも大丈夫です。
にんにくとヨーグルトの意外な組み合わせが食欲を増進してくれます。


●肉と米をつめたピーマンの冷性 「ビベルドルマス」

いわゆる肉詰めピーマンですが、シナモンのエスニックな香りと、少し冷やしていただくのが特徴です。イスラム圏なのでブタは食べませんが、ブタひき肉で作っても美味しいですよ。


=材料=
ピーマン 4個...破らないように上手にヘタとタネをとりましょう

玉ねぎ 半分...みじん切り
生米 反合...洗っておきます
牛ひき肉 100g
シナモンパウダー 小さじ1
ナツメグ 小さじ1
塩こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ1
コンソメ顆粒 小さじ1
お湯 200cc

<作り方>
① 牛ひき肉に、みじん切り玉ねぎ、生米、シナモン、ナツメグ、塩こしょうを加えてよく混ぜます

② ①を4等分し、中身を抜いたピーマンのなかに、ギュっと詰めていきます。破れないよう気をつけて。

③ コンソメ顆粒をお湯にとかしておきます。

④ フライパンではなく、少し深めの手鍋にオリーブオイルを敷き、弱火で熱したら、ピーマンを並べ、ピーマンの表面に焼き色が付いたらお湯に溶かしたコンソメ顆粒を回しかけ、フタをして3分蒸し焼きに。

⑤ フタをとり、水分が蒸発するまで熱したら完成です。水分が少なすぎて焦げそうであれば、適宜お湯を加えてください。

個人的にはこの状態で十分美味しいと思いますが、トルコでは冷ましてから前菜として食べます。
生米から蒸したお米とシナモンの甘い香りが不思議な食感。
さらに、ピーマンの表面にしっかりとコンソメ味がついているのも不思議。

レシピ・調理例
食材宅配等の野菜、果物、肉類などを使ったレシピを紹介していきます。簡単に調理できるものを多く集めていますので、料理が苦手な方でも参考にしてみてくださいね♪

前の記事 | 次の記事

関連記事