トップ > レシピ・調理例 > ブリと根菜の和風煮(ブリ大根)

ブリと根菜の和風煮(ブリ大根)

居酒屋の冬のメニューの定番「ブリ大根」
でもせっかく自宅で作るんのですから、ブリのあらではなくブリの切り身をつかって煮物風に仕上げるのも美味しい。

一人暮らしでは、大根1本やブリの切り身1パックってもなかなか食べきれないので、それらの材料が余ってしまったらいつもコレです。

ブリの切り身を買いたいけど、どうせ余らせちゃうしなぁ...と躊躇している人がいたら、最後の手段として、ブリ大根のレシピを覚えておくといいですよ~♪

では、レシピです。
今回もかなり簡略化しましたので、煮込む時間を除けば、作業時間は10分もかからないと思います。

=材料(二人分)=
大根 4cm
にんじん 4分の1本
ブリ(切り身) 2切れ
しょうが 1かけ
めんつゆ

すべて適量

①小鍋にお湯を沸かして、そのそばに冷水を用意。
②鍋のお湯が沸騰したらブリの切り身をサッとお湯にくぐらせて、表面の色が変わったら冷水につける。

③ 大根・にんじんは1cmくらいのイチョウ切りにする。

④ しょうがは皮を剥かずに5mm程度にスライス。

⑤ 鍋にブリ、大根、にんじん、しょうがを入れて水を多めに注ぎ、強火で煮立てる。(アクはキレイにとる)

⑤ めんつゆを⑤の鍋に入れてクッキングシートぶた(※)をして中火で10分煮る。

⑥ 水分量が材料(=大根・ブリ)の半分くらいになったら、鍋をゆすって材料全体におつゆをいきわたらせる。

以上

※「クッキングシートぶた」とは鍋の口径に合わせてカットしたクッキングシートのこと。
落としぶたの代わりです。
「クッキングペーパー」と間違えないように注意!

ポイントは①でブリの身をサッとお湯にくぐらせて冷水につけること。
魚の生臭みがなくなるので多少面倒でもこの手間は省かないほうがいいです。
また、しょうがと一緒にネギの青い部分を適当な大きさにカットして入れても臭み取り効果があります。


新鮮なブリを使った場合には、魚の臭いは気にならないかも知れませんが、特に魚が苦手な方にとってブリの生臭さは気になるところかも知れません。

そんな方は、是非ともポイント①を実践してみてくださいね。

ブリ大根はただ短に煮魚にするのと違って、大根と一緒に煮ることで、臭みを抑えてくれると同時に、魚料理をワンランクアップしてくれます。

夜の8以降など夜遅くに買い物に行くと、鮮魚関係は割引になっていることが多いです。この時間を狙って(主婦の方は仕事帰りのパパに買い物してもらって)、お買い得品のブリ大根を買ってもらうといいかも知れませんね。

肉料理と違って、魚の煮物は前日に作った料理でも、美味しくいただけるのが魅力だと思いますし、遅く帰った旦那さんのためにもレンジでチンしても、美味しく食べられるる便利な食材だと思います。

子供が喜ぶ料理というと、ハンバーグやミートボールなど肉料理が多くなりますが、ブリ大根のような魚料理も食べさせることにより、家庭料理として記憶にとどめてくれるかも知れません。

また、夜遅くに食事をとる旦那さんのためにも、魚料理の方がヘルシーですからね。生活習慣病の予防にも一役かってくれるかも知れませんよ(笑)


レシピ・調理例
食材宅配等の野菜、果物、肉類などを使ったレシピを紹介していきます。簡単に調理できるものを多く集めていますので、料理が苦手な方でも参考にしてみてくださいね♪

前の記事 | 次の記事

関連記事