トップ > レシピ・調理例 > 【レシピ】ブロッコリーのバルサミコ酢&粒マスタード和え。茹で鶏添え

【レシピ】ブロッコリーのバルサミコ酢&粒マスタード和え。茹で鶏添え

冬といえば、ポトフ。
ポトフといえば、粒マスタード。
特に、私が常備しているのはマイユの粒マスタード。

でも、ポトフ以外のお料理で粒マスタードを使用する機会があんまりなくて、毎年春になるとマスタード瓶のなかにカビが生えていたりして・・・涙

そこで、粒マスタードをなにか別の料理に使えないものかと思い、こんなメニューを考えてみました。

メニュー名をつけるのがちょっと難しいけど、「ブロッコリーのバルサミコ酢&粒マスタード和え。茹で鶏添え」?

アレ?肉と野菜が逆じゃない??
確かに、「こってりしたお肉」と「さっぱりした野菜」の組み合わせレシピは多いのですが、たまには野菜がこってりでもいいじゃない!と思って...。
本当に簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね^^
粒マスタードをたっぷり使うので、瓶のソコに微妙に残ったマスタードを使いきりたいときにもオススメです♪
ただし、辛みの強いマスタードの場合は量を加減してくださいね。

材料: 2人前

鶏胸肉 1枚
ブロッコリー 一房
粒マスタード 適量(多すぎるくらいでちょうどイイです)
バルサミコ酢 適量
塩コショウ

※道具:竹串

作り方:
①鶏肉は両面に塩コショウをしておく
②お鍋にお湯を沸かし、沸騰したら①の鶏肉を投入!
③鶏の表面が白くなって、竹串で刺して赤い汁が出なくなったら火をとめる。(そのまましばし放置)
④ブロッコリーは食べやすい大きさにカットしてレンジで2分チンする
⑤ブロッコリーをチンしている間にバルサミコ酢と粒マスタードを和えておく
⑥ブロッコリーをレンジから取り出し、熱いうちに④のドレッシングを絡める
⑦鶏肉(③の状態)が冷めたら、鍋から取り出し、食べやすい薄さに切る
 (ぶ厚めに切ると豪華な雰囲気になります★)

以上で完成です。
鶏に全然味がついていないじゃないか!と思われるかもしれませんが、ブロッコリーにバルサミコ×マスタードのタレがたっぷり絡まっているので、それで十分なんです。

鶏胸肉はパサパサになりやすいので、茹でる際に火を通しすぎないように気をつけてください。
鶏肉がしっとり出来上がれば、メイン料理にもなれるメニューです♪


これはちょっと大人の料理かも知れませんね。子供がいると、食卓がつい子供中心で回ってしまって、大人の嗜好が後回しになってしまいがちですが、そんなときには、「ブロッコリーのバルサミコ酢&粒マスタード和え。茹で鶏添え」を試してみてくださいね。

これは大人の料理だから、食べちゃダメだよ~

なんていいながら食っても、子供は食べてみたくなるかも知れませんね。そんなときにはマスタードの量を少なめに調整したり、マヨネーズをつけるなどして、辛さからマイルドにすれば食べられるかも知れません。

ビールと一緒に食べると最高の料理ですね。ただ、程よいからさでビールが進みますので、飲みすぎには注意しましょう(笑)

レシピ・調理例
食材宅配等の野菜、果物、肉類などを使ったレシピを紹介していきます。簡単に調理できるものを多く集めていますので、料理が苦手な方でも参考にしてみてくださいね♪

前の記事 | 次の記事

関連記事