トップ > 食材まめちしき > 南瓜(かぼちゃ)

南瓜(かぼちゃ)

らでぃっしゅぼーやの無農薬かぼちゃ<br />生産地は北海道苫前郡。無農薬

南瓜(かぼちゃ)です。

どてかぼちゃなんて、言葉がありましたが、南瓜という野菜は、栄養豊富で、夕食のおかずから、パンプキンパイといったデザートまでオールマイティに活躍できる優秀な食材なんですよ!


かぼちゃの歴史

原産地は南米といわれ、日本へは16世紀にポルトガル船によって伝えられました。

東南アジアのカンボジア産と伝えられていたことから、カンボジアが訛って「かぼちゃ」と呼ばれるようになったという説もあります。

最初に伝えられたのは日本かぼちゃと呼ばれ、現在よく食べられている西洋かぼちゃは明治時代ごろに導入されました。


かぼちゃの旬と栄養

かぼちゃは、カロリーが高く、ビタミンやミネラルが豊富で、
栄養価の高い野菜です。

かぼちゃに多く含まれるビタミンには、
ビタミンC、E、βカロテン(ビタミンA)などがあります。

ビタミンC、Eは、体に害のある活性酸素を抑える働きがあり、
老化の進行や生活習慣病、ガンなどを予防する栄養成分です。

βカロテン(ビタミンA)は、皮膚や粘膜を保護したり、眼の機能を正常に保ち、疲れ眼や夜盲症を、改善する効能があります。

また、かぼちゃには食物繊維も多く含まれています。
整腸作用や、便秘予防にも効果的です。


また、かぼちゃの種にもたくさんの栄養成分が凝縮されています。

高タンパク、高エネルギー、さらにミネラルやビタミン類も豊富に含まれています。

捨ててしまってはもったいないです。きれいに洗って天日干しにし、よく乾燥したらフライパンで表面に焦げ目がつくまで炒り、お好みで塩をふると美味しく食べられます。


美味しいかぼちゃの選び方


らでぃっしゅぼーやの食材宅配(バラエティ野菜果物S)

ヘタの部分が十分乾燥しているものが完熟の目安となります。

見た目よりずっしりと重く、表面の皮に色ムラがなく、形が整っているものを選びます。
またヘタの周りがくぼんでいるものを選びます。

カットしているものは、果肉の色が濃く、種とワタの部分が崩れいていないものを選びます。


かぼちゃの保存方法

まるごとの場合は10℃前後の涼しくて、
風通しのよいところで保存すれば1~2ヶ月もちます。

カットしたものは、種とワタの部分から傷みます。スプーンなどでくりぬき、ラップをして冷蔵庫で保存すれば1週間ほど持ちます。


かぼちゃの種類と特徴

かぼちゃは、大きく分けて次の3種類があります。

ひとつは一番最初に日本に伝来してきた「日本かぼちゃ」、
その後広まった「西洋かぼちゃ」、
そして細長いものや小型のものが多い「ペポかぼちゃ」です。 


日本かぼちゃは、形が平たく縦に溝が入っておりデコボコしています。味は淡泊で、粘りがあり、煮くずれしにくいのが特徴。煮物や蒸しものに向きます。

西洋かぼちゃは、日本かぼちゃと違って表面に溝がなくなめらか。糖質が多く甘いので栗かぼちゃとも呼ばれています。その甘さを生かしてプリンやパイなどデザートにもよく利用されます。日本のかぼちゃの大半がこの西洋かぼちゃです。

ペポかぼちゃは、金糸うりやズッキーニなどのことで、形は細長いものや小型のものが多く、一般的なかぼちゃとは味も食味も全く違います。

食材まめちしき
食材に関する豆知識です。野菜、果物、肉類、海産物など。スーパーや食材宅配のチラシでは良く見るけれど、実はあまり良く知らなかった食品も。

前の記事 | 次の記事

関連記事