トップ > 食材まめちしき > キウイ

キウイ

らでぃっしゅぼーやのキューイフルーツ

キウイについて

キウイについて

キウイの原産は中国の南部で、別名「チャイニーズ・グーズベリー」ともいいます。

1904年に中国を訪れた女性旅行者によってキウイの種がニュージーランドに持ち込まれ、品種改良されて現在のキウイの原種が誕生しました。

その後50年ほどでニュージーランドのキウイは生産量が安定し、輸出されるまでになりました。その際に「キウイフルーツ」と命名されました。名前の由来はニュージーランドの国鳥「キウイバード」から来ているともいわれています。

日本に登場したのは1960年代で、日本でも比較的栽培しやすいことから国内でも生産されるようになりました。


美味しいキウイの見分け方

きれいな楕円形で、果皮にまんべんなく産毛が付いているものが良品です。
果皮の色は明るい薄茶色のものが良く、軽く握ったときにやわらかさを感じれば食べ頃です。


キウイの栄養・成分について

キウイにはビタミンCやビタミンE、葉酸、カリウム、食物繊維が豊富です。

特に多く含まれているのがビタミンCで、100g中に69mgです。

これは、ミカン約3個分になります。ビタミンCの1日の所要量は100mgとされているので、キウイフルーツ1~2個で十分な量が摂取できます。

ビタミンCは、活性酸素を抑える抗酸化作用があり、抗ストレス作用、美白作用、コラーゲンの合成に必要で美肌のためにもたっぷり摂りたい栄養素です。

またビタミンEは、100g中1.3mg含まれています。ビタミンEも、ビタミンC同様に抗酸化作用があり、ビタミンCとビタミンEは、一緒にとると相乗効果が高まり、抗酸化作用が強くなると言われています。

他にも、不足すると巨赤芽球性貧血、神経障害や腸機能障害などに関わるとされる葉酸、体内のナトリウムとバランスをとっているカリウム、骨や歯の主要成分であり生理機能を調節するカルシウムなども含まれています。

食物繊維は100中2.5g含まれます。2.5gというのは、ミカン3個分、バナナ2個分と同じ量になります。

食物繊維は、腸内環境を整えて便秘を予防・解消するだけでなく、体内の有害物質やコレステロールを排出するなどの働きがあります。

キキウイフルーツに含まれている「アクチニジン」は、肉をやわらかくするタンパク質分解酵素で、消化を促進する効果があります。

たまにキウイフルーツを食べた時に舌にチクチク刺激を感じることがありますが、これもアクチニジン、またシュウ酸カルシウムの刺激によるものと考えられています。


キウイの種類について

ヘイワード

店頭で見かけるキウイのほとんどがこの「ヘイワード」という品種です。果皮が薄茶色でうぶ毛があり、果肉は熟すときれいな緑色になります。ヘイワードは甘みと酸味のバランスがよく、さわやかな味わいです。ニュージーランド産は5月~12月頃、国内産は11月~5月頃に出回ります。

ゴールキウイ

果肉が黄色くて甘みが強いキウイです。ニュージーランド産の人気ブランド「ゼスプリゴールド」としてもおなじみです。酸味が少ないので、酸っぱいのが苦手な人にもおすすめです。やや細長く、先端部(果頂部)は絞ったような形をしています。うぶ毛はほとんどありません。最近では国内産のゼスプリゴールドも見かけるようになりました。

その他の品種

香川県のほか山梨や静岡で栽培されている「香緑」。
香川県で生まれた「讃緑」、「さぬきゴールド」
黄緑色の果肉の中央に赤い色素が入る「レインボーレッド」
主に静岡で生産されている「アップルキウイ」
主にアメリカやチリから輸入される、2~3cmの大きさの「ベビーキウイ」などがあります。

食材まめちしき
食材に関する豆知識です。野菜、果物、肉類、海産物など。スーパーや食材宅配のチラシでは良く見るけれど、実はあまり良く知らなかった食品も。

前の記事 | 次の記事

関連記事