トップ > レシピ・調理例 > はちみつを使ったデザート2つ(すいかとはちみつのジュレ、キウイとヨーグルトのシャーベット)

はちみつを使ったデザート2つ(すいかとはちみつのジュレ、キウイとヨーグルトのシャーベット)

すいかとはちみつのジュレ~夏らしいスイカを使った簡単デザートです♪

暑い夏を乗り切る!簡単で、美味しいデザートです。


すいかとはちみつのジュレの作り方

夏の果物、スイカと使った簡単デザートです。

見た目も涼しげで、炭酸水やサイダーを注いで
フルーツポンチ風にしてもおいしいですよ!

材料(2人分)
  すいか 400g
  A はちみつ   20g
    塩      少々
  B 粉ゼラチン  5g
    水      60ml
  ※ お好みで炭酸水やサイダーなど


作り方

① すいかの半量をすりおろして、Aと混ぜます。

② 残りのスイカは、ざく切りにしておきます。

③ 耐熱ボールでBを合わせて5分おき、
ラップをして電子レンジで30秒加熱して溶かします。
①を加えてよく混ぜ、冷蔵庫で冷やし固めます。

④ 器に盛り、②を添えてお好みで炭酸水やサイダーなどをかけてます。


ここがポイント

・ 粉ゼラチンは、かならず水にふり入れて戻します。粉ゼラチンに水を入れると、水に触れた部分からふやけて、全体にまんべんなく戻すことができなくなってしまいます。

水を大さじ1減らして、白ワインを大さじ1入れると少し大人向けのデザートになります。

・ ガラスの器に流して冷やし固めていいですし、タッパなどにまとめて作って、食べるときにスプーンなどで器に盛り付けてもいいです。
ミントを添えると彩りもきれいです。

子供向けにも、向けにもアレンジできて、家族みんなで楽しめるデザートです。


キウイとヨーグルトのシャーベットの作り方

キウイとヨーグルトのシャーベット

混ぜて冷やすだけの簡単デザートです♪
お好みでゴールドキウイを使っても美味しくできますよ。


材料(4人分)
  キウイ       3個
    ※キウイはよく熟れたものを使いましょう
  プレーンヨーグルト 60g
  はちみつ      大さじ2

作り方

① キウイはすりおろして、ヨーグルト、はちみつと混ぜ合わせます。 
  または小さめに切ったキウイとヨーグルト、はちみつをすべてミキサーに入れてもよいです。

② タッパや器に入れて、冷凍庫で凍らせます。

簡単にできるデザートなので、ちょっと多めに作って
冷凍庫にストックしておくといいかも知れませんね!


ハチミツについて

☆ハチミツの栄養成分

ハチミツには、良質なビタミン類やミネラル類をはじめ、アミノ酸や酵素といった栄養素も豊富に含まれていて、栄養価の高い健康食品であります。

ハチミツに含まれるビタミン類には、ビタミンB1・B2・B6・葉酸・ニコチン酸・パントテン酸・ビタミンC・ビタミンK・ビオチンなどがあり、ミネラル類としてはカリウムを多く含んでいる他、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・亜鉛・鉄・銅・マンガンなどが含まれています。


☆ハチミツのカロリー

ハチミツはカロリーが高いといった印象を持たれている人が多いかもしれませんが、実際には砂糖と比較するとカロリーは少ないのです。

ちなみに、ハチミツとショ糖を同じ量として比較してみると、ショ糖(上白糖)が100gあたり384キロカロリーであるのに対して、ハチミツ100gあたりで294キロカロリーとなっています。


☆ハチミツの疲労回復効果

ハチミツの主成分はぶどう糖と果糖であり、構造が単純な単糖類なので、体内に入ると短時間で腸壁から吸収されて血管に入り込み、胃腸に負担も掛からず栄養分となります。

このような特徴から、身体が弱っていたり疲れが溜まっている時や、スポーツなどの運動後の肉体疲労などに対して、効率良く栄養を吸収することができ、急速に効果的な疲労回復が期待できます。


☆ハチミツの整腸作用

ハチミツには整腸作用があることから、慢性的な便秘や下痢などといった症状の緩和や改善といった効能もあるとされています。


☆高血圧の予防にもつながる

ハチミツにはミネラル類も豊富に含まれているのですが、その中でも特にカリウムが多く含有されており、高血圧の予防に効果的であるといわれています。

カリウムは余分な塩分を排出して、血圧を下げる効果があることがわかっています。

レシピ・調理例
食材宅配等の野菜、果物、肉類などを使ったレシピを紹介していきます。簡単に調理できるものを多く集めていますので、料理が苦手な方でも参考にしてみてくださいね♪

前の記事 | 次の記事

関連記事