トップ > 都道府県の食材 > 青森県の食材

青森県の食材

名産品
リンゴ、ホタテ、大間のマグロ、ニンニク、津軽凧、温湯こけし

郷土食
鱈のじゃっぱ汁、けの汁、ひっつみ、ねぶた漬、いちご煮、せんべい汁


本州の北端に位置し、まさかりの形に出っ張った東部の下北半島、青函トンネルが通る北西部の津軽半島、中央部に八甲田山、十和田湖、南西部の秋田県との県境には世界遺産の北上山地があります。

青森県は奥羽山脈によって東西に分けられ、東半分を東部、西半分を津軽と呼びます。長く厳しい冬と短い夏は共通していますが、東部は冬に雨雪が少ない太平洋岸式の気候、西部は雪雨が多い日本海式の気候です。

東部は雨雪が少ないうえに、夏にヤマセと呼ばれる冷たい風がふきつけるため、稲作が難しいところです。

それを補うため、野菜などの畑作、ヒバなどの林業、ウマなどの牧畜が行われました。

ウマは南部馬とよばれて昔は有名でしたが、今はウマ、ブタなどが飼われています。

西部は、津軽平野を中心に米がよくとれ、リンゴ栽培も盛んです。また津軽のヒバ林は日本三大美林の1つです。

青森県は三方が海なので、80以上の漁港があります。

イカ、サバ、サンマ、イワシなどがとれるほか、サケ・マス・カレイ・ホタテの養殖が盛んです。

観光スポット
恐山、奥入瀬渓流、十和田湖、弘前城、龍飛崎、八甲田山、三内丸山遺跡、亀ヶ岡石器時代遺跡、白神山地、是川石器時代遺跡

お祭り
青森ねぶた祭り、八戸えんぶり、八戸三社大祭、黒石よされ、弘前ねぶたまつり、荒馬まつり、弘前さくらまつり

都道府県の食材
日本全国の都道府県、市町村の名産、郷土料理など。地域別の野菜、果物、肉類、海産物などの紹介しています。食材の原産や、どこの食品が美味しいかなど参考にしてみてください。

前の記事 | 次の記事

関連記事