トップ > おすすめ食材・食品 > 天然アルカリイオン水 「温泉水99」でご飯を炊く

天然アルカリイオン水 「温泉水99」でご飯を炊く

天然アルカリイオン水 「温泉水99」を購入したので、ご飯を炊いてみました。

天然アルカリイオン水 温泉水99


温泉水99は、天然アルカリイオン水(採水地は鹿児島県垂水市)で、普通のミネラルウォーターとは違った特別な水です。

 1.高いアルカリ性(pH9.5~9.9)
 2.浸透力が高い(常温でも茶葉から抽出)
 3.けた違いの軟水(硬度1.7 日本の水の硬度は20~100)
 4.油と混ざる水
 5.さびない水

このような特徴から、

そのまま飲んでも美味しい(常温でもOK!)
お茶、コーヒー、紅茶
焼酎やウィスキーの水割り
炊飯
料理

など色々と使われているようですが、今回はご飯を炊くときの水として使ってみました。
    
まずは、お米を用意します。今回は、パスシステム 予約登録米 宮城ひとめぼれを使用。

天然アルカリイオン水 温泉水99でお米をとぐ

ミネラルウォーターでご飯を炊くときは、もったいない気もするのですが、お米をとぐときからすべてミネラルウォーターを使用します。

天然アルカリイオン水 温泉水99でご飯を炊く

2合のお米を2回すすいで、炊飯するのに、温泉水99のボトル半分(約1リットル)を使用しました。


温泉水99で炊いたご飯

炊き上がりはコレです。

天然アルカリイオン水「温泉水99」でご飯を炊くと

通常のときのご飯と比べて、お米の甘さが出ているような気がします。

ご飯を口に入れたときの甘さというのは、普段の食事ではあまり気がつくことはないかと思いますが、温泉水99で炊いたご飯では、お米本来の甘さというか、旨みが引き出されているような気がします。

あと、お米のもつもちもち感も出ていて、おかずがなくても、ご飯がススムといった感じでした。

我が家では、一応、ご飯をといだり炊いたりするときの水は気をつけていて、浄水器の水を使っていますので、普段のご飯の味に不満はありませんでした。というか、美味しい! と思っていました。

ということで、実はあまり期待はしていなかったのですが、意外に美味しくてびっくりです。

私はご飯が大好きで、海外に行くと、どうしても日本のお米が食べたくなって、成田空港についた途端に和食レストランに入ってしまうのですが、もちもちとした食感は癖になりそうです。


鹿児島垂水温泉 火山帯の地下750mより47℃で湧き出す温泉水 温泉水99の梱包

天然アルカリイオン水は、ウォーターサーバーのミネラルウォーターではなく、ペットボトルに入ったミネラルウォーターなので、このように普通のペットボトルのミネラルウォーターと同じ感じで送られてきます。

天然アルカリイオン水 温泉水99 が着ました!

中を開けると、2リットルのペットボトルが6本入っています。

箱から出して、棚などに保管しておけば、場所もとらないので、使いたいときにさっと出して、ご飯だけでなく、おかずや飲み水としても使えますね。

飲み水について、浄水器やウォーターサーバーなど色々な水が出回っていますが、災害対策という意味も含めて、色々なミネラルウォーターを保持しておくと安心ですね。

温泉水99のお試しセットはこちら♪

おすすめ食材・食品
食材宅配以外のお取り寄せ食品や、通信販売、テレビ等で有名な食品から、ちょっと変わった商品まで幅広く紹介していきます。

前の記事 | 次の記事

関連記事