トップ > 放射線関連情報 > 放射線線量計 DoseRAE2 PRM-1200を使用しました!

放射線線量計 DoseRAE2 PRM-1200を使用しました!

今人気のアメリカ製の放射線線量計「DoseRAE2 PRM-1200」を使用する機会がありましたので、報告します。

放射線線量計(シンチュレーション検出器) DoseRAE2

ガイガーカウンターも放射線線量計ですが、今回使用したDoseRAE2 PRM-1200は、シンチュレーション検出器です。

どちらも、目的は放射線の線量を測定することですが、方法が異なります。
(ガイガーカウンターは、ガイガー管を使用しますが、シンチュレーション検出器はシンチュレーション結晶を使用します)

ガイガーカウンターだと、黄色が多くで持ち歩いていると目立っちゃいますが、DoseRAE2 PRM-1200なら黒っぽい色なので、あまり目立たなくて人気があるそうです。


DoseRAE2 PRM-1200のマニュアルを見ると、以下のように書かれています。

DoseRAE2は、ダイオード、シンチレーション結晶が電磁放射線(X線、ガンマ線など)に照射された際に発光する原理に基づき、開発された放射線測定器です。従来の測定器と比べ、高電圧が不要で、大幅に小型化され、且つ高い測定精度を持つ製品となります。2009年以降では、一部原子力発電所の作業員の標準装備に採用され、幅広く応用されています。

DoseRAE2 PRM-1200を上から見たところ とにかく薄い!

放射線測定器 DoseRAE2 PRM-1200を横から見たところ 薄い!

放射線線量計DoseRAE2 PRM-1200の特徴はとにかく薄いこと。

福島をはじめ、個人(特に、小学生、中学生、高校生などの子供)に放射線線量計を持たせて、累積線量を測定する方が増えています。

また、福島での新築マンションから高濃度の放射線が検出された件で、このマンションに住んでいた中学生が身に着けていた放射線線量計の累積放射線量が通常よりも多かったため、県が調査を行なったとも言われています。

このようなことがあると、「国は何もしてくれない」「自分の身は自分で守るしかないのか」なんて言葉が出そうになりますが、このような放射線線量計を持っていれば、安心感が高まることは確かだと思います。

ちなみに、DoseRAE2 PRM-1200の主な特徴は

•リアルタイムでの放射線線量率の測定
•人体・物体が受けた累積放射線量の測定
•大量放射線を検知した際のアラーム機能
•累積線量が設定した閾値を超えた際のアラーム
•ユーザIDの使い分け、IDカードとして利用
•内蔵イベントログ記録機能、PCに転送、保存、便利な集計・管理機能
•滞在時間の管理、カウントダウン機能
•高周波数ブザー、バイブレータ内蔵、高輝度LEDアラーム機能

となっていて、多い使われ方が、子供に持たせて、累積放射線量を測定するというもの。

使い方はこんな感じで、とてもシンプル

DoseRAE2 PRM-1200 USB充電器

電池ではなく、充電式です。パソコンのUSBにつないで充電します。

DoseRAE2 PRM-1200 充電中

充電しているときは、上の写真のようにLEDが点滅します。

パソコンへのデータ転送の際にも、このようにUSB接続します。

では、使ってみます。

放射線線量計 DoseRAE2 PRM-1200で放射線測定 室内の観葉植物は?

まずは、室内においてある観葉植物(幸福の木)です。夏の間は外に出して、太陽の光を浴びるようにしていますが、冬の時期は室内に入れています。

リアルタイムでの放射線線量率は、0.11μSv/h(毎時0.11マイクロシーベルト)でした。


放射線線量計 DoseRAE2 PRM-1200でリアルタイムの放射線線量率を測定 外の慣用植物にて

次は外に置きっぱなしの植物(四葉のクローバー)です。葉物には、放射線が付着しやすいイメージがあったので、念のたため測定。

結果は、0.12μSv/h(毎時0.12マイクロシーベルト)でした。


放射線測定器DoseRAE2 PRM-1200で、放射線線量率を測定 ベランダの植物

つづいては、外(マンションのベランダ)においてある植物です。先ほどの四葉のクローバーは頻繁に葉が入れ替わるのですが、こちらの植物は葉そのものの寿命は長いです。

それもあってか、放射線線量率は、0.13μSv/h(毎時0.13マイクロシーベルト)でした。


放射線線量器でリアルタイム放射線線量率を測定 外の植物にて

こちらもベランダに置いてあった植物(菊)ですが、場所的に空気の流れがあまり良くないところです。それもあってか、ちょっと高めで

放射線線量率は、0.38μSv/h(毎時0.38マイクロシーベルト)でした。


放射線線量計 DoseRAE2 PRM-1200で観葉植物の土を測定

こちらは、観葉植物(外)の土の表面を測定したもの。

放射線線量率は、0.17μSv/h(毎時0.17マイクロシーベルト)でした。


今度は家の中へ

放射線線量計DoseRAE2 PRM-1200で測定

ソファの上に置いてあるクッションを測定

放射線線量率は、0.13μSv/h(毎時0.13マイクロシーベルト)でした。


放射線線量計DoseRAE2 PRM-1200で電子レンジ内の放射線を測定

つづいて、放射線濃度が高そうな電子レンジの中。以外なことにあまり高くありませんでした。

放射線線量率は、0.14μSv/h(毎時0.14マイクロシーベルト)でした。

ひょっとして電子レンジで「あたため」をしている途中に計ったらもっと高い値が出たかも知れません。


冷蔵庫の中の放射線量を測定

つづいて冷蔵庫の中は、0.13μSv/h(毎時0.13マイクロシーベルト)

冷蔵庫の中の放射線量を測定

もう一箇所冷蔵庫の中も、0.13μSv/h(毎時0.13マイクロシーベルト)

冷蔵庫(野菜室)の中の放射線量を測定

野菜室も計ってみると、0.13μSv/h(毎時0.13マイクロシーベルト)と全部同じ値でした。


放射線線量計DoseRAE2 PRM-1200で洗濯物の放射線量を測る

最後に洗濯物を計って見ました。こちらは外に干しているので、少し心配でしたが、

放射線線量率は、0.14μSv/h(毎時0.14マイクロシーベルト)でした。


放射線線量計 DoseRAE2 PRM-1200 で累積放射線量を測定

最後に、累積放射線量はこのように表示されます。


最後に、DoseRAE2 PRM-1200の紹介(通販の動画ですが)がありましたので、載せておきます。ちなみに、こちらでは、38490円で売っていました。多分これが最安値です。

米国DOSERAE2 PRM1200 パーソナル高性能放射線測定器 【日本語説明書・1年間保証】

新品価格
¥38,490から
(2012/1/23 12:05時点)

最後に、スーパーで野菜等を買い物する際、放射線量を測定したいからと、ガイガーカウンターを購入される方もいらっしゃるようですが、残念ながら、水や野菜などを測定することはできません。(もっと大掛かり 何百万円もする測定器が必要)

こちらに関しては、オイシックスらでぃっしゅぼーや大地宅配などの放射線検査を行なっている食材宅配を利用してください。

放射線関連情報
放射能。放射線に関する様々な情報を集めていきます。目に見えない放射能だからこそ、きっちりと情報を集めて、未来を担う子供たちのためにもしっかりと情報収集しておきましょう!

前の記事 | 次の記事

関連記事