トップ > 放射線関連情報 > 安心安全な粉ミルクは?

安心安全な粉ミルクは?

乳児向け粉ミルク「明治ステップ」から放射性物質が検出され、安心安全な粉ミルクについて調べてみました。

森永ドライミルク はぐくみ<br />(おいしっくすの安全基準をクリア)

放射線検査について、独自の厳しい基準を設けているオイシックスでは、オイシックス独自の粉ミルクは扱っていないものの、オイシックスの基準をクリアしている粉ミルクは扱っていました。

それが、上記の「森永ドライミルクはぐくみ」です。

安心安全な粉ミルク<br />(オイシックス独自の厳しい安全基準をクリア)

上記の写真のように、

この商品はOisix独自の厳しい安全基準をクリアしています。

と記載されています。

原材料は

ホエイパウダー(乳清たんぱく質)、調整脂肪(パーム核油、パーム油、大豆油)、乳糖、乳清たんぱく質消化物、脱脂粉乳、乳糖分解液(ラクチュロース)、デキストリン、バター、バターミルクパウダー、カゼイン、ラフィノース、精製魚油、カゼイン消化物、アラキドン酸含有油、食塩、酵母、炭酸カルシウム、レシチン、塩化マグネシウム、ラクトフェリン、ビタミンC、イノシトール、塩化カルシウム、ピロリン酸第二鉄、タウリン、ビタミンE、硫酸亜鉛、シチジル酸ナトリウム、ビタミンD3、パントテン酸カルシウム、ニコチン酸アミド、ウリジル酸ナトリウム、ビタミンA、硫酸銅、5\'-アデニル酸、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウム、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、β-カロテン、ビタミンB12

となっていますので、気になる方は確認しておいてください。

こちらの商品だと、アレルギーや下痢となってしまう乳幼児用として

森永 ペプチドミルクE赤ちゃん
森永 ノンラクト
森永 MA-mi
森永 ニューMA-1

や、満9ヶ月から3歳ごろの乳幼児用として

森永 フォローアップミルクチルミル

も揃っています。


子供、特に乳幼児に与える食品には、特に気を配りたいと思うのが親として当たり前だと思います。

放射性物質が少量でも検出されたたら、

たとえそれが暫定基準を下回っていても、
飲み続けても心配ないレベルと言われていても

親としては、心配であることには変りはありません。

特に乳児は体重が小さく、粉ミルクが唯一の食事の場合も考えられるため、注意しすぎてもしすぎることはないでしょう。

粉ミルクは赤ちゃんにとって、大切な主食であって、家庭によっては唯一の食事となることもありえます。母乳を上げているお母さんであっても、全て母乳だけに頼ることは出来る粉ミルクを併用している場合も多いです。そんな食事の選択肢が少ない乳幼児にとって、粉ミルクの安全性が脅かされたことは誠に残念でなりません。

これを機会に、品質検査を十分に行っていただくと共に、私たち消費者への情報開示も徹底して頂きたいと思いました。

安心安全なオイシックスはこちら

放射線関連情報
放射能。放射線に関する様々な情報を集めていきます。目に見えない放射能だからこそ、きっちりと情報を集めて、未来を担う子供たちのためにもしっかりと情報収集しておきましょう!

前の記事 | 次の記事

関連記事