トップ > 大地宅配(大地を守る会) > 大地宅配の放射能測定

大地宅配の放射能測定

大地を守る会(大地宅配)の放射能測定についてまとめます。

大地を守る会 放射能測定の4つの方法 放射線検査体制の詳細

大地を守る会では、上記のように4つの検査があります。

1.入荷検査(毎日の入荷検品時に、全生産者・全品目別)

2.詳細検査→「子どもたちへの安心野菜セット」用に!

3.超高精度検査機器「ゲルマニウム半導体検出器」による詳細検査

4.外部検査



1.入荷検査(毎日の入荷検品時に、全生産者・全品目別)


NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータ青果物全品と一部加工品は、毎日の入荷検品時にスクリーニング検査を毎日実施。

NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータ」(キャンベラジャパン㈱ 参考価格100万円/台)。放射線(ガンマ線)量が測定できる高感度測定器使用
NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータによる放射線測定

「NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータ」で放射線測定で測定を行なう際は、測定器を野菜に直接つけて測定を行ないます。(ガイガーカウンターでは大まかな測定しかできないので、シンチレーションサーベイメータを使用)

青果物では、「毎日」「全品検査」をしていますが、これまでに高い数値を計測したことはありません。



2.詳細検査→「子どもたちへの安心野菜セット」用に!

大地を守る会「子どもたちへの安心野菜セット」、季節の野菜・くだものセット「ベジタ」「子どもたちへの安心野菜セット」は、野菜を7~8品の詰め合わせですが、子供のためにできるだけ安全な食べ物を食べさせたい親の気持ちを反映させています。

産地→北海道、甲信越(新潟、長野、山梨)、愛知以西

測定→より厳しい放射線測定




具体的には、「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ(参考価格300万円)」を使用して、核種ごとの分析を行います。
これは、外部機関「放射能汚染食品測定室」と同程度の機器で、現在4台使用して検査を行なっています。

大地を守る会の放射能測定


大地を守る会の放射線測定


正確な測定を行なうために、とうもろこしなどの野菜や肉など測定対象をできるだけ細かくして、2~10時間の時間を掛けて測定を行なっています。

大地を守る会の放射能測定 「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」での検査は、1検体2~10時間の検査を実施しています

大地を守る会では、上記を5台体制で検査を実施。

「子どもたちへの安心野菜セット」以外の青果品についても検査を実施。

今後は、畜産品、水産品、加工品へ検査、除染調査の強化も実施。



3.超高精度検査機器「ゲルマニウム半導体検出器」による重点検査

「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」では、放射線セシウム134、137および放射性ヨウ素131の核種の検出限界が概ね10ベクレル/kgでしたが、

「ゲルマニウム半導体検出器」(キャンベラ社 参考価格1,500万円/台)では、概ね3ベクレル/kgと高精度な測定が可能となります。

大地を守る会超高精度検査機器「ゲルマニウム半導体検出器」による放射能測定検査


また検査時間も、検出限界値を低く抑えつつ10~20分と短く、より多くの商品を超高精度検査することができます。 

子どもが食べる頻度が高いと想定される商品に「ゲルマニウム半導体検出器」を使用

「子どもたちへの安心野菜セット」など子供がたくさん食べるものを優先して測定を実施(子供には放射線の影響が強いとされているため)。

また、「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」で測定した結果、数値が検出された場合には、クロスチェックとして「ゲルマニウム半導体検出器」を使用して検査を行います。


大地を守る会の放射能測定 超高精度検査機器「ゲルマニウム半導体検出器」を使用し、子どもが食べる頻度が高いと想定される商品の重点検査を実施。



4.外部検査と情報公開

外部機関(放射能汚染食品測定室)などに依頼して、サンプリング測定を実施しています。

上記1~3の放射能自主測定と、4.外部検査の結果の数値を公開していますので、実際に買い物をする際も安心です。


大地宅配(大地を守る会)のお試しセットや詳細については、以下で確認してください。

大地宅配の詳細はこちら

大地宅配(大地を守る会)
1975年設立。食材宅配業界での老舗であり、子供の頃から大地宅配の野菜を食べて育った方も多く、長年のファンも多い。ゲルマニウム半導体検出器(検出限界値 3ベクレル/kg)を導入するなど、放射線検査に力を入れています。「子どもたちへの安心セット」では、北海道や関西など産地限定の野菜をそろえています。お試しセットが980円~とはじめやすいのが特徴です。

前の記事 | 次の記事

関連記事