トップ > らでぃっしゅぼーや > らでぃっしゅぼーやの放射線物質 検査体制

らでぃっしゅぼーやの放射線物質 検査体制

らでぃっしゅぼーやの放射線物質 検査体制についてまとめます。
らでぃっしゅぼーやの野菜 果物

らでぃっしゅぼーやの検査体制の基本は、以下のとおりです。

1.土壌検査
2.第三者機関での検査
3.納品時の検査(自主チェック)

らでぃっしゅぼーやの放射性物質のチェック体制

1.土壌検査

摂取政権や出荷制限となっている地域の土壌検査を実施。

計測の結果、放射線物質の規制値を超えた場合には、収穫しないなど判断し、放射線物質の低減施策を実施。

規制値は、水田での規制値を参考(土壌の規制値は定まっていないため)


2.第三者機関での検査

産地からの出荷時に、抜き取りサンプルを第三者機関に提出し、各種別の放射性物質検査。

検査結果をホームページ上で公開。

暫定規制値を超えた場合には、出荷停止。


コンターミネーションモニターで測定ガンマ線計測

3.納品時の検査(自主チェック)

納品時に、表面放射線汚染モニター(コンタミネーションモニター)で測定。(異常値が出た場合には、第三者機関で検査。ゲルマニウム半導体検出器でガンマ線スペクトロメトリー検査。核種分析法。)

植物・食品ベクレルモニターで測定(定期的と異常値検出後の農産物)。

詳細と最新情報については、らでぃっしゅぼーやのホームページで確認してください。

らでぃしゅぼーや株式会社

らでぃっしゅぼーや
美味しい無農薬・有機野菜に強いのがらでぃっしゅぼーやです。有機野菜本来の味を楽しみたいオーガニック嗜好の方から絶大な人気を誇っています。珍しい野菜も楽しめる「ぱれっと」や産地限定野菜も人気です。らでぃっしゅぼーやの食材はトレーサビリティーが厳格なので、安心・安全を求める方にぴったりです。

前の記事 | 次の記事

関連記事