トップ > らでぃっしゅぼーや > らでぃっしゅぼーやから秋の味覚です!

らでぃっしゅぼーやから秋の味覚です!

食材宅配のらでぃっしゅぼーやから秋の味覚が送られてきました。

らでぃっしゅぼーやの食材宅配バラエティ野菜果物S


今回注目なのは、でっかい茄子です。最初は米茄子かとおもったのですが、これは加茂茄子というのだそうです。

ほかには、泥つきのサツマイモはいかにもらでぃっしゅぼーやらしいです。

らでぃっしゅぼーやの加茂なす米茄子ではありませんので。。。


まずは加茂なすです。その大きさとまあるっこい形がなんとも言えないのですが、普通の茄子よりはちょっと薄めのむらさきもとてもキレイです。

生産地は兵庫県で、丹波有機の会というところで作られているようです。


らでぃっしゅぼーやのサツマイモ!しかも泥つき

そして、泥つきのサツマイモ。生産地は千葉県で、あゆみの会(無農薬)からでぃっしゅファームで作られているようです。

じゃがいもやさつまいもなどの根菜類は土の中で成長するので、泥がついているが普通だとおもうのですが、スーパーで売っているものは、きれいに洗浄されているものが多いです。

調理をする上では、便利かもしれませんが、泥がついているほうが個人的には好きです。


らでぃっしゅぼーやのりんご

つがる(りんご)です。生産地は長野県のアップルファームきみずです。

林檎はとても体によく、林檎1個で医者いらずということわざが英語にあるようですが、毎日林檎一つずつを食べると、健康に良いそうです。

特に、林檎の皮の部分には、抗酸化作用があるという話を聞いたことがあります。

皮ごと食べるとなると、農薬やワックスが心配ですが、らでぃっしゅぼーやの林檎なら、安心して食べられます。


らでぃっしゅぼーやの梨

和梨です。茨城県のあゆみの会というところで作られているようです。

多摩川梨の幸水や20世紀梨は良く食べているのですが、この梨も結構美味しいです。

冷蔵庫でよ~く冷やしてから食べると美味しいです!


らでぃっしゅぼーやの玉葱


たまねぎです。夏の間はカレーライスかサラダでの登場が多かった玉葱ですが、これからは肉じゃがなどの煮物やシチューなどでも大活躍です。

人参やブロッコリーと違って、あまり目立たない野菜ですが、美味しい玉葱を使うかどうかによって、料理全体の味が変ってしまうことも良くありますよね。


らでぃっしゅぼーやのキャベツ野菜クラブで生産したものです。

キャベツです。群馬県の野菜クラブということころで生産されているようです。

キャベツはみためには分かりにくいのですが、千切りにしてサラダで食べたり、ロールキャベツなどの料理にしてみると、美味しさが分かるとおもいます。

レタスが高騰しているこの時期ですから、キャベツは大活躍です。

葉物野菜に関しては、放射能対策など特に安心・安全にはこだわっていきたいです。

反対側から見たキャベツ

一応、反対側からの写真を撮ってみました。

一番底側の葉はちょっと汚れていますが、一枚めくるときれいなキャベツの葉が出てきます。


らでぃっしゅぼーやの鳥おくら無農薬

鳥おくらです。沖縄で生産されているようです。

なっとう、山芋と並んで、ネバネバ系は、元気の元だそうです。

意外にも子供も大好きなので、沢山食べさせたいです。


らでぃっしゅぼーやの小松菜。無農薬

小松菜です。夏も終わって、暖かい味噌汁が美味しい時期になってきたので、小松菜の味噌汁にして食べたいとおもいます。


らでぃっしゅぼーやのえのき

えのきだけです。長野県のえのきボーヤで生産されて、無農薬です。

そろそろ鍋物が食べたくなってきますね。


らでぃっしゅぼーやのダンボールにはこのように入っています。


らでぃっしゅぼーやから届いたダンボールを覗くとこんなふうに入っていました。

泥つきのサツマイモは新聞紙の下にあります。


らでぃっしゅぼーやの本日のメニュー「バラエティ野菜果物セットS」

今回のバラエティ野菜果物Sのメニューです。
それぞれの生産地や農薬の使用状況が書かれています。


らでぃっしゅぼーやの9月3週のお便り茄子やきゅうりのキズが木になるときには。。。

 
らでぃっしゅぼーや
美味しい無農薬・有機野菜に強いのがらでぃっしゅぼーやです。有機野菜本来の味を楽しみたいオーガニック嗜好の方から絶大な人気を誇っています。珍しい野菜も楽しめる「ぱれっと」や産地限定野菜も人気です。らでぃっしゅぼーやの食材はトレーサビリティーが厳格なので、安心・安全を求める方にぴったりです。

前の記事 | 次の記事

関連記事